80年代にヒットした懐かしいもの、最近は仮面ライダーネタonlyです。

スポンサー 

懐かしアニメ無料視聴 

懐かしおもちゃ 

懐かしCD 

Sony Music Shop

カテゴリ 

最新記事 

リンク 

このブログをリンクに追加する

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

タイガーマスクは、梶原一騎原作、辻なおき作画のプロレスマンガである。

そして新日本プロレスが、アニメ・タイガーマスク二世とのタイアップで、’81年にデビューさせたのが、「佐山聡」扮する初代タイガーマスクである。今まで見たことがない空中殺法が人気を博し、一大プロレスブームを巻き起こした。

その翌年だったと思うが、私が住んでいた田舎町に、新日本プロレスが巡業にやって来ることになった。当時、根っからのプロレスファンだった私は、実物のタイガーマスクやアントニオ猪木を見たいと思い、前売り券を購入し、今か今かとその日を待ちわびた。

当日、私は早々に会社を退社し、試合会場に乗り込んだ。早く着き過ぎたのか、観客はまばらだったが、もうすぐ待ちに待ったタイガーの試合を見れるという嬉しさで胸が一杯になっていた。

その時、場内にアナウンスが流れた。それは「アントニオ猪木が怪我で欠場する」という内容で、本人は会場にも来ていないということだった。ガッカリだったが、「まだタイガーがいるから良しとしよう」と自分自身に言い聞かせた。

すると、アナウンスの声がこう続いた。

「本日組まれていたタイガーマスク選手の試合は、本人の腕の怪我により中止となりました。よって本日はタイガーマスク選手によるサイン会のみを行います・・・」

私はその時初めて、「ちゃぶ台返し」をやる星一徹の気持ちが分かった。



懐かしんで頂けたらポチっをお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 1980年代回顧へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2010/06/06 08:00|その他CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

限定品チェック 



新商品チェック 


月別アーカイブ 

あし@ 

FC2カウンター 

Copyright(C) 2006 80年代ヒット懐かしシンドローム All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。